2017/03/09

Mac で Notesクライアントを使う(強制切断の方法)

Notes クライアントを長年使っているユーザーは、「Ctrl + Pause」というショートカットをよく使っていると思います。Notes クライアントの接続(稲妻マーク)を途中で強制終了するためのショートカットです。

このショートカットについて、かつて「Pauseキー」がない端末のための Tips として以下のブログ記事を書いたことがありました。

Notes/Dominoでちょっとコネタ: Thinkpad X230でNotesクライアントを使う

これで多くの人が救われたと思ったのですが、今日新しい相談を頂きました。「Mac の場合は、どう操作すればよいのでしょうか」というものです。
実は私は Mac クライアントを使っていないため、方法を全く知らなかったのですが、調べてみました。
Mac 用の Notesショートカットは、以下にまとまっています。

IBM Keyboard shortcut and file location differences for Lotus Notes for Macintosh

ここに記載の通り、「Commandキー 」+ 「. (ピリオド)」でどうでしょうか、と聞いてみたところ、期待通りに動いたそうです。
Mac 端末を使い始めてお困りの場合は、是非試してみて下さい。

2017/03/04

Amazon Alexa と Domino の連携デモ

最近、以下のような気になる内容のブログエントリを目にしたので、ご紹介いたします。

Amazon Alexa Meets IBM Domino – Bruce Elgort

書いている Bruce Elgort は、このビデオの最初でも紹介されている通り、IdeaJam や OpenNTF, TakingNotes Podcast など長年多岐にわたって活躍している超有名人です。今回は、NotesIn9という英語圏では有名なビデオキャストのゲストで出演しているのですが、その内容もさすがの面白さ、わかりやすさです。

ビデオでは、タイトルにある通り、Amazon Alexa と Notes DB の連携を Bruce が説明しています。上記のブログ記事に貼られている YouTubeビデオの4:15以降で、デモと技術詳細が解説されているので、興味のある方は是非見てみるとよいと思います。(そこそこの精度の自動字幕も付けられます)

簡単に内容をご紹介すると:
- Amazon Echo に特定の言葉(音声)を投げると、AlexaがNotes/Domino DBの内容を取得し、音声で返答してくれる
- 今回のデモの対象は IdeaJam のデータベースそのもの
- IdeaJam 側では、REST APIが用意されており、JSONで応答出来るようにしてある
- Alexa Skill Kit を使って音声を受け取り、Amazon Lambda上でコーディングを行い(今回の例では Pythonで記述) IdeaJamの応答を受け取り、音声返答する

というデモになっています。このデモでは、IdeaJamのAPIを使い
- 最近のコメント
- DBの統計状況
- トップイノベーター
- 最新状況
などを、音声出力させています。

今回、こうして容易にデモが作成出来るのは
- IdeaJam ではもともと REST API が提供されており、何とでも組み合わせやすくなっている
- IdeaJam はパブリックサービスなので、Firewall を気にしなくてよい
- IdeaJam はパブリックサービスなので、Anonymousアクセスが出来る
という点があると思いますが、これに限らず、どのような他技術と連携するにせよ、REST API があればかなり自由に連携出来る例の1つだなと思いました。

音声によるインタフェースと、Notes/Domino が提供する作りこんだ REST APIとの連携は、データの種類や、中で動作させたいロジックなどによっては、他にも適用可能なところもあると思うので、そういうケースでは是非チャレンジしてみるのも面白いと思いました。


なお、私は Amazon Alexa や Echo, Lambda などについて全く詳しくありませんが、以下のページを見つつ、デモ解説の Bruce のビデオを見れば、おおよそを理解出来る内容でした。

AWS Lambdaを使ってAmazon Echoに機能追加してみた | Developers.IO

2017/01/26

Domino 9 の favicon.ico のサイズについて

本日、こちらのブログ(英語)で紹介されていたネタですが、もっと知られてもよい内容かと思い、ご紹介させて頂きます。

NeverMind.dk - Shrinking the 0.44 MB large IBM Domino favicon.ico to something useful

一般的にWebサイトでは Favicon と呼ばれる、サイトをあらわすアイコンを提供することが多く、Dominoの場合は古くよりデフォルトで製品マークが設定されています。

参考:Favicon - Wikipedia

Dominoの製品カラーは Domino 9 で、黄色から青に変更になったのですが、そのタイミングできちんと Favicon ファイルも変更されたようです。
ここでポイントなのは、上述のブログに記載されている通り、Domino 9 の favicon.ico ファイルは、さまざまな画像サイズに対応されたため、ファイルサイズがだいぶ大きくなってしまった点です。
favicon.ico はデータディレクトリの \domino\html にあります。

私の手元の環境で確認してみると、
Domino 8.5.3 ⇒ 41.1KB
Domino 9.0.1 ⇒ 449KB
となっており、10倍もサイズが違います。

実際の運用環境にて favicon.ico への読み込みがあるかは、HTTPログ(domlog.nsf もしくはテキストログ)で確認出来ますが、ブラウザでWebサイトにアクセスした時に通常1回はダウンロードされるため、そこそこのリクエスト数があると思います。そして、メインコンテンツ以外に 449KB のダウンロードが頻繁に行われるというのは、無駄が多いという考え方もあります。

ご紹介したブログでは、この 449KB の画像を、GIMPで加工したらわずか 1.1KB になりましたと書いていますし、もちろん、製品ロゴではなく、Webサイトに適したロゴのファイルに変更してもよいです。
効果のほどは、サイトによって異なるでしょうが、少しでも無駄な処理を少なくしたいと考えるサーバー管理者にとっては、実践する価値があると思います。

参考:
IBM How to change the Domino favorite icon for a database on the Web

2016/10/22

iSUCでのライトニングトークイベント

10/19-10/21 に、iSUC新潟大会が開催されました。iSUC はIBMユーザー研究会が主催するイベントで、日本国内で会場を変えつつ、毎年秋に開催されるイベントです。
iSUCは以前はSystem i を中心としたイベントでしたが、今は IBM 製品テクノロジを中心とした、幅広いイベントになっています。
今年は、IBM提供セッションでは、Watsonやコグニティブ技術の話が多く、ユーザー研究会からは、Bluemix やセキュリティ関連の話が多かったように見えました。ICS製品関連では、「進化し続けるIBM Notes/Domino!これまでとこれから~IBM Watsonの活用例についてもご紹介します~」というタイトルで、ソーシャル事業部からのセッションもありました。
私は、今回の大会に、ユーザー研究会の「脱!Notes!」というチームのアドバイザーとして参加し、チームメンバーが、マイグレーションやモダナイズについて語るのを見てきました。
ユーザー研究会が話すセッションというのは、IBMのセッションや自社事例を話すセッションと比べて、何でもアリ感があり、また、さまざまな仕掛けがあったりで、その点も大変興味深いです。

今年は初めての試みとして、ライトニングトークイベントが行われ、6人のプレゼンターが「2025年 IT未来予想図」というテーマについて、1人 6分で話をする、という時間が設けられました。私も、エンタープライズ・コラボレーション周りの未来について、1本話して欲しいと言われ、「未来型ワークスタイルをアシストする技術たち」というタイトルでお話してきました。
当日まで、他の5名のバックグラウンドや、トークの内容など、聞かされていなかったため、非常に不安な気持ちで準備していましたが、行ってみたら大変アットホームな雰囲気で、皆さん、自動コーディングや、在宅勤務の未来など、独自の思いを語っていて、心地のよいセッションでした。

私は未来予測については専門ではないので、この6分のために、future, collaboration などといったキーワードで、YouTubeやら SlideShareやら、多大な時間をかけて調査をしたのですが、わりと楽しかったです。思いついた技術(自動要約や、オートキュレーション)が既に存在するのかを探すのも楽しかったです。

例えばこちらの動画は30分ほどのパネルディスカッションで、業界を代表する企業からメンバーが集まり、いろいろな議論がされています。


また、コラボレーション技術を一切離れ、「人と人とのコミュニケーションにおける、障壁とは何か」という視点で見るのも面白いです。以下のスライドなどを参考にしました。
Barriers to communication

その上で、たった6分ではありますが、今後も来る技術というのは
1) 各個人が持つ制約に効果がある技術
2) コミュニケーション障壁を解決する技術
といった視点で探しましょう、という未来予想をお話しました。

各個人が持つ制約、というのは、例えば「時間」とか「能力」です。
時間については、隙間時間の有効活用も進むでしょうが、今後、バーチャル秘書の導入によるルーチンワークからの解放が期待されるでしょうし、インプット、アウトプットを、今より短時間で、高品質にするためのアシスト技術の夢などをお話しました。

コミュニケーション障壁とは、物理的な点に加え、言語はもちろんのこと、心理的障壁などがあげられます。既に機械翻訳はずいぶん進み、トーンアナライザーなど、機械が感情を扱うことも進んできていますが、その成熟に期待するとともに、その他コラボレーションの活性化に有効そうな未来予測をお話しました。

ライトニング・トークは、プレゼンターの中で私だけがIBM関係者であった(ことが当日わかった)こともあり、私の話だけがなんだかレクチャーっぽくなってしまったのですが、それでも終わった後参加者の方と少し未来予測のお話なども出来て楽しかったです。おそらく各種技術カンファレンスで行われているLTより、はるかに気楽なイベントだと思いますし、どうやら来年以降も行われるらしいので、指名を受けた方は是非楽しんで話して頂ければなと思います。

2016/08/24

MWLUG での Domino Adminblast のご紹介

8月17日-19日、アメリカのテキサス州オースチンでMWLUG 2016というユーザーグループカンファレンスが開催されました。テキサスというと、ヒューストンやダラスが有名ですが、オースチンはIBMの研究所もあり、テキサス州の州都でわりと大きな都市です(私は行ったことありませんが)。
今回で、8回目の開催になるそうですが、 今年も無事に終了し、その感想やスライドなどが、インターネットにアップロードされはじめました。

未来に向かったセッションがたくさんある中で、歴史と伝統の「Adminblast」の講義もあったので、ご紹介いたします。もともとは、Paul Mooneyが Lotusphere 名物セッションとして毎年やっていましたが、それを Chris Miller や Gabriella Davis が強い意志で継続している姿は美しいです。(なおGabriella Davis はオリジナルの頃から共演しています)

今回のイベントでは、ライフタイムIBM ChampionのGabriella Davisが、Slideshareに資料をアップしてくれています。

Domino Adminblast

内容をみると、
- 基本的なDominoの運用
- 全文索引
- Traveler関連
- Sametime 関連
- セキュリティ
- Notesクライアント Tips
など、管理者が知っておくと、どこかで役に立つであろう Tips 満載で、私もワクワクしながら早速拝見しました。

既に知られている話もありますが、例えば私は以下の Tips などは初耳でほうほう、と読みました。
- P3 のメッセージトラッキング用のインデックス再作成
- P4 の domlog をカスタマイズして、より詳細の情報を得るテクニック
など。

以下は、国内でも知られた Tips の例ですが、おすすめです。これに限らず、是非お時間あるときに、スライドを一読していただきたいと思います。
- P23 エージェントマネージャと圧縮のバッティング
- P24-25 log.nsfを大量に取得しつつシステム影響を最小限にする
- P28 Updateタスクの状況確認
- P35 添付ファイルをダブルクリックだけで開く(私がもっとも好きなTipsの1つ)
- P38 巨大DBのレプリカスタブを作成する裏技
- P54 メール配信多ドメインでのマルチスレッド化

Gabriella Davisは、今回のイベントで、なんと4本も講演しているそうです。ライフタイムIBM Champion カッコいいです!

MWLUG Presentations & Wrap Up | The Turtle Partnership Blog

2016/04/24

Dominoのアプリケーション開発の将来に関する1つの話

長年 Notes/Domino のアプリケーション開発の世界で啓蒙を行ってきた Niklas Heidloff (現在はBluemix界隈で活躍中) が、以下のようなブログエントリを書いて、Domino界隈でとても大きな話題になっております。コメントが本日現在で 37件というのだから、その注目度がわかります。あの、Ed Brill までコメントしております。

My Thoughts on the Next Generation of IBM Domino App Dev

内容は、Dominoの開発について、オンプレミス、クラウドの双方を見たときに、今後どのように進化するのか、という外野からの「意見」です。


簡単に紹介すると、次の2点です。
1) Dominoは今後 Node.js の技術をもっと吸収したほうがよいのではないか
これまでも製品は技術を追加することで拡張してきたのだから、出来れば製品標準として組み込めればよい。
特に、Node.js の技術と Dominoが得意なビジネス・コラボレーションアプリの相性がよいのではないか。(例: 認証、認可、RAD、Web/モバイル、NoSQL利用など)
さらに、コラボレーション系のアプリケーションは、今後コグニティブへと融合していくことが予想されるが、例えば Bluemix で提供されるコグニティブ機能に対して、Node.js が一番触りやすいのではないか。(他のランタイムでも出来るけれど、サンプルも豊富だし)
RADという上で考えても、Node.js にはLoopBack という仕組みがある。(もし将来的に、LoopBackからのNSFコネクタが出来ればとてもよい)

2) Cloudant の積極活用を考えてよいのではないか
特に、クラウドでのDominoアプリケーションという意味では、Bluemix上で動かすようになるだろうが、その時のクラウドデータベースとしては、NSFに似ているCloudantがよいのではないか。


もっとも Niklas は現在、Bluemixに強く関わっており、CLEANスタック というアーキテクチャを啓蒙しようとしておりますので、読み手はそういった背景を理解した上で、自身のフィルタをかけながら読む必要はあると思います。
コメントの中には、Domino自身に Node.js を組み込むのではなく、Node.js から Dominoに触ることのほうが大事だと主張する意見もあります。


いずれにせよ、これだけ REST API ベースでアプリケーションがつながって行く世界なので、Dominoの開発者として、Node.js / Cloudant (MongoDBとかComposeでもよいですが)を知っておくアドバンテージはあるのではないかと私は思います。

2016/04/05

Domino Web Administratorは使わないほうがよい

新しい話ではないのですが、最近質問を受け、あまり知られていないようですので、メモ程度に書いておきます。

以下のTechnoteにある通り、Domino Web Administrator (Web管理クライアント / webadmin.nsf )を使うことは、脆弱性があり、現在推奨されていません。将来的に廃止の予定です。

IBM (参考) セキュリティ情報:IBM Domino Web Administrator の代わりに IBM Domino Administrator クライアントを使用することによる、より安全な IBM Domino サーバーの管理




以下のような Technote もあり notes.ini で Web Administrator の機能を無効化することも出来ますし、webadmin.ntf を削除する方法もあるかと思います。

IBM How to disable webadmin.nsf?

Domino の管理には、管理クライアントをお使いください。


(以下思い出話)
Domino 6 が出荷された時は、まだこの世に Ajax という言葉もなく、DHTML を使ったWeb画面は世間一般にも相当お洒落でした。私も、管理クライアントと同じUIを持つWebクライアントということで、ワクワクしながら触ったことを覚えています。この実現のために(?)、サーバーコンソールコマンドの出力結果にはXML出力オプションがつきましたし、通常の管理クライアントでは扱いにくい notes.ini まで見れたのも、驚きました。
dfc というフレームワークまで作り、それなりの盛り上がりを見せていましたが、これまでの利用のされ方などを見ても、Domino管理クライアント一本化のほうがよいかな、と思いました。